人体のしくみ
わたしたちの体のしくみについて、考えてみました。
今回の主役は科学実験室にずっといる、「解剖くん」です。
解剖くん
☆内蔵の名前とはたらき
 おもな内臓についてその名前とはたらきをいえますか? <答えはここをクリック>


☆細胞(さいぼう)
 からだは細胞というとても小さなものからできています。
 からだをつくる臓器も細胞からできています。      
 おとなの人の体はおよそ60000000000000個の        
 細胞からできているそうです。

<観察>細胞を見てみよう
 @つまようじの頭のほうで、ほっぺたの内側を
  強めにこする。(血が出ない程度に)
 Aスライドガラスになすりつけ、酢酸カーミン液を1滴落とす。
 B酢酸カーミン液の上にカバーガラスをかけて、顕微鏡で観察する。

ヒトのほおの粘膜細胞
(中央の赤いものが細胞核)

☆細胞からみたからだのしくみ
 これらの細胞自身が「生きて」います。細胞が生きているからからだも生きています。
 細胞が生きるために、
  ・酸素が必要です。
  ・栄養分が必要です。
 細胞が生きていくと、
  ・二酸化炭素をはき出します。
  ・アンモニアなどいらないものを出します。
 からだの中のいろいろな臓器は、(自分もふくめ)体全体の細胞を生かすために、
必要なことを役割分担して、やっています。