光と色
☆光って何だろう?
偏光板を重ねてみよう・・・偏光板を1枚回転させると?
(写真をクリックすると動画が見られます。)
光の性質に、波のようなふるまいをすることがあります。
偏光板を使えば、これがわかります。
☆光の万華鏡をつくろう
材料
 鏡面をつけた黒い画用紙、ホログラムシート、
 紙筒、黒画用紙
つくりかた
 @黒い画用紙でつくった三角柱は
   内側が鏡のようにシートをはっています。
 A三角柱のふたに穴をあけ、
  ホログラムシート(右の写真)を
  はっています。
 B紙筒に画用紙をはり、
 小さな穴をあけています。
 C三角柱を紙筒に差し込み、
  明るい方をむいてのぞいてみる。
   見ながら、紙筒をまわしてみよう。

 太陽を直接のぞいてはいけません。
 D小さな穴からさしこんだ光が
  ホログラムシートによって、
  何色にも分解されて、
  とてもきれいです。

☆光の万華鏡で見てみよう
 @太陽の光をみると、紫から赤までとぎれなくきれいな色が続いています。
 A蛍光灯の光を見てみると、紺色、青、緑、オレンジ色、赤など5色ほどの色に分解されます。
 Bテレビの光を見てみると、赤・青・緑の3色に見えます。

☆人間の目が光や色を感じるしくみ
 人間の目には、青・緑・赤色の光を感じる細胞があります。
 これによって、ほかの色もこの3種類の光のまざり具合として感じています。

 カラーテレビは赤・青・緑色の3色しか光らせることができませんが、
 人間の目が水色や黄色など、ほかの色も感じています
パソコンの画面を、ファイバースコープで拡大してみます。
(カラーテレビもおなじようなものです。)

それぞれの色は小さな光る部分がいっぱい集まってつくられています。
拡大してみると・・・ ようす
白色 赤・緑・青の三色が光っています。
赤色 赤い色の部分だけ、光っています。
緑色 緑色の部分だけ、光っています。
青色 青い色の部分だけ、光っています。
赤むらさき色
(マゼンタ)
赤と青の部分が光っています。
これの集まりを遠くからみたら、
赤むらさき色に見えています。
(マゼンタという色です。)
水色
(シアン)
緑と青の部分が光っています。
これの集まりを遠くからみたら、
水色に見えています。
(シアンという色です。)
黄色 赤と緑の部分が光っています。
これの集まりを遠くからみたら、
黄色に見えています。
(イエローという色です。)
黒色 どれも光っていません。