メッキと合金
ものの表面に金属をつけることを「メッキ」といいます。
2種類以上の金属をとかしあわせて、新しいできた金属を
「合金」といいます。

かんたんなメッキや合金をつくって、
クリスマスツリーのかざりをつくりました。

☆材料と道具
 銅線・水酸化ナトリウム・亜鉛
 ビーカー・ガスバーナー・金網・ペンチ

 銅線は写真のようなかたちにしておくと、
 ビーカーの液体につかりやすくなります。
☆メッキ
 濃い水酸化ナトリウム水溶液に亜鉛と銅線をいれて
加熱します。
(熱い水酸化ナトリウム水溶液は体にかかると
 たいへん危険です。慎重にしないといけません。)
  
 5〜10分、加熱すると銅線が銀色になりました。
 これをよく水洗いします。
 このままペンチなどで加工して銀色のかざりをつくれます。

☆合金
 亜鉛メッキされた銅線をピンセットで持ち、
 ガスバーナーであぶります。
 銅と表面の亜鉛が熱で合金になります。
 銅と亜鉛の合金をしんちゅう(真鍮)といい、
 できたてはきれいな金色をしています。
 よくさましたあと、ペンチなどで加工して
 金色のかざりをつくります。

 写真をクリックすると、銀色から金色になるところが
 みられます。
左から、亜鉛と銅の合金(金色)、亜鉛メッキしたもの(銀色)、もとの銅

☆みんなの作品から
クリスマスツリーにかざってみました。