インターネットのつかいかた
☆インターネット
  パソコンを使って、世界中からいろいろなことを知ることができます。
研究所のコンピュータにはいろいろな情報(データ)がたくわえられています。
これらは研究所のパソコンや、学校のパソコンから見ることができます。
世界中のコンピュータどうしをつなぐことで、遠い場所にある情報も見ることができるようになります。
   
  
 
☆アドレス
情報をホームページのかたちにして、世界中で使いやすくするために、ページのある場所をアルファベットや数字であらわすことにしています。これをアドレス(住所)といいます。
ブラウザ(インターネット上のデータを見るためのソフトウェア)に、アドレスを入力して、データ(ホームページ)を見てみよう。
1.インターネットエクスプローラー(InternetExproler)をダブルクリック
2.アドレスバーにホームページのアドレスを書きこんで、「移動」ボタンをクリックする。 または Enterキーを押す。
  教育研究所のアドレス http://www.educ.city.ibaraki.osaka.jp/

☆見たいホームページをさがす
1.リンク集から
見たいものを目的別に集めてあるものをリンク集といいます。リンク集もホームページの形になっているものがあります。たとえば、教育研究所のキッズルームの「他のことを調べる」や「自由に調べる」ここから、たくさんのホームページにうつって、見たいページをさがすことができます。
2.キーワードから
知りたいことに関係ありそうなことばを入力すると、そのことばが使われているページを自動的にさがしてくれます。(これを検索という。)
たとえば、http://www.google.co.jp/で
 キーワードを入力し(キーワードとキーワードの間にスペースを入れて)Google検索ボタンをクリックする。
 →キーワードが書かれたページをいっぱい集めたリンク集ができる。

☆インターネットゲーム
1.茨木市の花はなに?
2.長生きするセミは何年くらい生きる?
3.ふくろうとみみずくのちがいは?

☆さがしたページから、必要な部分を集める。
ホームページを見て、わかったことを自分なりにまとめていくことで、自分自身の大切な作品になります。
1.ブラウザはそのままにしておいて、左下の「スタート」ボタンをクリックし、たとえば「一太郎スマイル」をクリックします。
2.一太郎スマイルが立ち上がるので、学年や組を選び、ワープロ画面を選ぶ。用紙サイズはA4のまま「OK」する。
3.画面下(タスクトレイ)のブラウザのボタンをクリックするとホームページの画面になる。
4.ホームページの文や写真などの必要なところをドラッグして(クリックしたままなぞって)青く反転させる。
5.青い部分を右クリックして、「コピー」する。
6.画面下の一太郎スマイルのボタンをクリックすると、一太郎スマイルの画面になる。
7.ワープロ画面で右クリックして「貼り付け」をする。
8.はりついた文や写真を、見やすいようにととのえる。
9.自分の考えたこと、思ったことも書きたそう。

☆たいせつなルール
ホームページを見つけても、それはそのページをつくった人のものです。
勝手にコピーして他の人に配ったり、自分のホームページにのせたりできません。
でも、自分ひとりで勉強したり、楽しんだりするためにコピーすることはできます。
また、学校でみんなの勉強のためのコピーなら、してもかまわない部分があります。

☆ホームページの記録
一度見て、また次にも見たいものがあれば、簡単にそのホームページを探し出せるようにしておきたいものです。
 ○ そのホームページのアドレスを書きとめておく。
 ○ 「お気に入り」に登録しておく。(自分個人のパソコンなら)
 ○ アドレスのショートカット・ファイルを作って保存する。
1.フロッピーディスクをセットして、ブラウザはそのままにしておいて、
 画面下のタスクトレイより「デスクトップの表示」→「マイコンピュータ」→「3.5インチFD」を選ぶ。
2.画面下のブラウザのボタンブラウザのをクリックして、インターネットの画面にもどし、
 上にある「履歴(りれき)」ボタンをクリックする。
3.今日見たページのアドレスが左にあらわれるので、
 記録しておきたいアドレスをクリックしてパソコンにうつしだしてさがす。
4.左のアドレスをドラッグして、アドレスの部分を青く反転させる。
5.青い部分を右クリックして「コピー」を選ぶ。
6.フロッピーディスクを開き、右クリックで「貼り付け」を選ぶ。
       ↓
 青いeのマークのアイコンができている。これをダブルクリックすると、選んだホームページが開く。