電流と磁石のはたらき

○電流のはたらき

     
コイルに乾電池をつなぐと、磁石になって
鉄の円盤をくっつけます。

けっこう力をいれてもはなれません。
電流をとめると、かんたんにはなれます。
このように、電流を流したときだけ
磁石になるので、「電磁石」(でんじしゃく)と
いいます。

電磁石を方位磁石にちかづけると、
針がうごきます。
○磁石のはたらき
  

コイルの両端を、乾電池ではなく、
電流計(または検流計)につないでおきます。

磁石をコイルに近づけると、針がふれます。
よくみると、
 ・磁石をコイルに近づけるとき
 ・磁石をコイルから遠ざけるとき
に電流がながれます。

右のように、モーターをつないで、
モーターの軸を手でまわすと、針がふれます。
これは、「発電」ですね。

○手づくりモーターをつくろう
電流と磁石のはたらきを組み合わせた、いろいろなものがあります。
この日は簡単なモーターをつくってみました。
@

準備
 エナメル線
 (長い線1本、短い線2本)
 磁石
 乾電池
 プラスチックケース


 紙ヤスリ
 セロハンテープ
 はさみ

A

エナメル線のエナメルをはがす

・短いエナメル線の両方のはしを2cmずつ紙やすりでこすってエナメルをはがす。

・長いエナメル線の一方のはしを5cmほど紙やすりでこすってエナメルをはがす。

B

コイルを作る

・長いエナメル線のエナメルをはがした部分(5cm)を
あまらせて、乾電池に9回半まきつける。

・エナメル線をはがしていない部分を、はさみの刃をたてて、半分だけけずる。

エナメル線の両端をまっすぐにする。


コイルのできあがり
C

短いエナメル線を乾電池にとりつける

・両端に小さな輪をつくる。
    

・片方をセロハンテープでとめる。
 (+極、−極の両方とも)

D

ケースに電池と磁石をおき、コイルを輪にとおして、回転させる

・うまくまわらないときはコイルのエナメルのはがしかた、コイルのまわりやすさ、
磁石のおき場所、磁石とコイルの距離 などを点検する。


<写真をクリックすると動画が始まります。>

<写真をクリックすると動画が始まります>