日食の観察
 2009年7月22日には、太陽が月にかくされる皆既日食(かいきにっしょく)がおこります。大阪でも部分日食として観察できます。この日食のしくみを考え、安全に観察できるための準備をして、7月22日にそなえましょう。
2009年7月22日 茨木市での部分日食の観察ページへ
○日食のしくみ
   日食はどういうときにおこるのだろう?
太陽と地球のあいだに月がくるとき、地球に月の影ができます。
この影の場所からは、太陽が月にかくされて暗くなります。(お日さまが月に食べられる!)

このとき、完全に月が太陽をかくす場所(上の図の■ 黒いところ)のまわりには、
部分的に太陽が見える(太陽が欠けて見える)場所(上の図の 灰色のところ)があります。

今回、大阪府茨木市は、このにあたり、太陽が欠ける「部分日食」がおこります。

太陽は月よりはるかに遠く、はるかに大きいのですが、太陽と月は、地球からはほとんど同じ大きさに見えることになります。
地球との距離 比率 大きさ(直径) 比率
太陽 約1億5000万km 395 139万2000km 398
約    38万km 3500km

今回の日食は、インドの東岸から中国、とから列島をとおって、太平洋までのベルト状の地域で見られます。
ライトを太陽として、小さな月を目の前において、日食のしくみを確認しました。
月と太陽の距離を考え、ろうかに出てライトを遠くにおいても実験してみました。

○大阪での部分日食
日食の始まり 7月22日午前 9時47分 2時間目ころからはじまります
最大食 11時 5分 3時間目の途中に約8割が欠けます
日食の終わり 12時25分 4時間目終わりころに終わります
 ※茨木市立の小学校は、5月の新型インフルエンザによる臨時休業のため、
  1学期が7月24日まで延長になっています。
小学校では3時間目と、その前の休み時間に欠けた太陽が見られます。
今のうちに、学校のどこに行けば太陽がよく見えるか、木かげがあるか探しておこう。

○絶対やっていはいけないこと
太陽光線はとても強く、また目に見えない紫外線や赤外線も恐ろしい。(まぶしく感じないからよけいにあぶない)網膜損傷、白内障、失明のおそれもある。

×直接太陽を見る
×双眼鏡や望遠鏡で見る
×ピンホールから太陽をのぞく
×黒い下敷き、すすをつけたガラス、アルミシート、黒い現像フィルム、減光フィルターなどで太陽を見る
×日食メガネをつけて望遠鏡などをのぞく

など、太陽をまっすぐ見ようとすることは、たいへん危険でやってはいけない。

○日食を観察しよう
◇日食メガネで短時間ずつ見る
 (信頼できるメーカーのもの)
 

   「遮光度13以上のもの」
 
こんなふうに見えます。

◇ピンホールでできた像を見る(反射光を見るので安心)
厚紙にピンホールをつくる
 ピンホール:小さな穴のこと これをくぐりぬけた光は像(かたち)をつくる
ライトを半分かくして実験すると、ピンホールでできる光も、それぞれ欠けていることがわかります。
<工作してみよう>
ピンホールスコープ
 ピンホールの像を薄い紙、白いビニールなどにうつしだす。
 

ピンホールの太陽を白いスクリーン(紙)にうつすとき、
ピンホールとスクリーンの距離が長いほど、大きく見えます。
のぞき窓をあけて、
白い紙をスクリーンにしておく。

段ボールをくりぬき、アルミテープをはって
ピンホールをつくると簡単
こんなふうにうつります。 これではうつらない 影が小さくなるように

ピンホールプロジェクター
 鏡にパンチ穴を開けた厚紙でおおい、太陽の光を壁に反射させて観察する。

カードのパンチ穴や手指の影でもピンホールをつくることができる。

木もれ日をさがそう
 木の葉のすきまからとどく光もピンホールとにていて、たくさんの欠けたお日さまが見える。
  →11時ごろ、木の影はどこで見られるか調べておこう。

◇日食の記録
スケッチのしかた:あらかじめ太陽の光球をあらわす円を観察回数分用意しておく
         欠けた部分を書き込む  <記録用紙の例はこちら

◇こんなこともやってみよう
・太陽電池:電圧計やモーターをつけ、日食による発電量の低下を観察する。
・温度測定:日食による気温の変化は測定できるかな? 直射日光を当てて調べてみよう。
・生き物:飼育小屋のニワトリやウサギのようすは?セミやほかの虫たちのようすは?

2009年7月22日 茨木市での部分日食の観察ページへ