重要なお知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

教育センター日記

センターからのお知らせ
12345
2021/01/12

1月第2土曜科学教室

| by 管理

今回のテーマ:動かしてみよう!でお掃除ロボットの動きを再現してみよう! 
今回は、富士電機ITソリューション(株)の方々にお越しいただき実験を行いました。

1 ブロックの組み合わせ方の練習
  今回は、プログラミングでお掃除ロボットの動きを再現するという実験でした。プログラミングでは、自分の意図した動きをいくつもの指令のブロック(方向、距離、スピード、センサーなど)を組みあわせてプログラムをつくります。まず最初に、子どもたちは、ブロックとブロックを組み合わせ、組み合わせてできたデータをロボットに転送する方法を練習しました。子どもたちは思考が柔軟で、かつ、とても操作に慣れていて、スムーズにプログラムを作成していました。ブロックの組み合わせが上手くいったときは正解の音声がでて、自分でどんどんチャレンジしていきました。

2.ロボットを動かしてみる
  では、実際にロボットを動かしてみました。自分のロボットが動くのを見て、「動いた!」と多くの喜びの声があがりました。組み合わせ方を変えると、ロボットの目の色が赤から緑に変わったり、動くスピードを遅くしたり速くしたりできました。さらに自分で自由に組み合わせができる時間では、様々な動きを組み込み、実際の家庭用お掃除ロボットのような動きを再現する子どももいました。最後の30分間は、タブレットで“ストーリー”というプログラムを行いました。内容がゲーム形式になっていて、簡単な問題から難題があり、さらに集中して取り組んでいました。ゲームをクリアした子どもたちは、そのデータをロボットに転送し、プログラムされた通りにロボットが動くのを確かめ、さらにオリジナルなプログラムをつくって試していました。

   「動かしてみよう!でお掃除ロボットの動きを再現してみよう」という充実した実験の中で、講師の方から子どもたちに、プログラミングは身の回りの生活に役立つものを考えていくことが大切であるというお話がありました。


17:00
12345

トップページ | サイトマップ | このサイトの使い方 | お問い合わせ | ログイン