トップページ 

ご家庭のパソコンで学習ができる

学習ソフト
学校で使っている学習ソフトを家庭でも利用できます。
茨木市立小・中学校の児童・生徒さんが利用できます。
 

所在地・アクセス案内

所在地:
〒567-0888
茨木市駅前四丁目6番16号
茨木市市民総合センター
(クリエイトセンター)内
電話:(072)626-4400
FAX:(072)624-2162

アクセス案内
 

Counter

Today:
Yesterday:
Total:
 

教育センター日記

センターからのお知らせ
12345
2019/09/14new

9月 第2土曜科学教室

| by 管理
今月のテーマ:炎色反応を楽しもう


 忍頂寺小学校の上村仁師教頭先生を招き、「炎色反応」について学びました。
 最初に物が燃えるときに特定の色がつく場合、この現象を炎色反応であることを学びました。そして今回の実験で物を燃やす燃料としてアルコールを使いますが、エチルアルコールとメチルアルコールのどちらを使うかを決めるためにをそれぞれ燃やしました。エチルアルコールは濃い黄オレンジ色、メチルアルコールは薄い青色の炎であることを確認した上で、炎の色の影響が出にくいメチルアルコールを使うことになりました。
 
 いよいよ炎色反応の実験。最初は塩化ナトリウム(塩)、次に炭酸カリウム、そして塩化カリウム、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、硝酸カリウム、炭酸カルシウム、塩化ストロンチウム、塩化リチウム、最後にホウ酸と次々にメチルアルコールを使って燃やしていきました。その結果、「ナトリウム」系は黄色オレンジ色、「カリウム」系は青色、ストロンチウム・リチウムは赤色、ホウ酸は緑色の炎になることがわかりました。
 実験の最後はキャンドルづくり。「カリウム」系と「カリウム」系、ストロンチウム入りの3種類の小さなキャンドルを班ごとにそれぞれ作り、3種類のキャンドルに一斉に点火。鮮やかな赤、青、緑色の炎のキャンドルに参加した子どもたちは、「すごい!」、「きれい!」と大喜びでした。
 上村教頭先生は、昨年度まで教育センターで第2土曜科学教室の担当者。子どもたちの科学に対する興味をうまく引き付ける実験を行っていただきました。



<講師>
忍頂寺小学校 教頭 上村仁師先生
 
<内容>
・夏の風物詩、花火。
・あの色とりどりの炎(ほのお)はどのようにして作られているのでしょうか。
・実際に様々な色の炎を再現するとともに、仕組みについて学びます。

09:09
12345

デジタル教科書

相馬芳枝科学賞

第2土曜科学教室

茨木市の学校

e-learning学習支援システム

いばらきっ子スタディ
茨木市立小・中学校の児童・生徒さんがご利用いただけます。
 

トップページ | サイトマップ | このサイトの使い方 | お問い合わせ | ログイン