湿潤療法について

 

保健室の手当てに「湿潤療法」をとりいれています!
 湿潤療法とは、傷を治す際傷口を乾燥させるのではなく、細胞から出てくる分泌液を利用して湿り気のある環境を作り治していくという考え方です。また、この方法は傷口の細胞を損傷させないため、薬による消毒を行いません(消毒をしても、傷面はすぐに雑菌等がつくところです。菌を殺すよりも傷口の細胞を守るために消毒は行いません)。

【湿潤療法を取り入れる利点】

①傷が早く治る
②痛みが少ない
③傷跡が残りにくい


 この湿潤療法は経過観察が必要になります。一度被覆材を貼ったからよい、というものではなく、ご家庭でも経過観察を行っていただき、被覆材の交換を行うことで成り立つものです。学校での処置はあくまで応急手当となり、その後の手当てはご家庭で行っていただくことになります。そのため、被覆材を交換・もしくは市販の被覆材への貼り直し等を行って湿潤療法を継続させるか、従来の絆創膏やガーゼ等で傷を覆って対応するかはご家庭での判断となりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【湿潤療法を継続させる際の注意点】

*清潔を保つため、ラップ(一般的な食品用ラップフィルム)の交換、もしくは市販の湿潤療法用の被覆材に貼りなおしてください。食品用ラップフィルムでも湿潤環境は保てますが、浸出液の吸収能力がないこと、周囲の皮ふがかぶれる可能性もあることを考えると、湿潤療法を継続させるには市販の被覆材を使用することが、より望ましいと思います。

*湿潤療法は、しっかり洗浄しないと感染によりかえって傷を悪化させる可能性があります。保健室では十分に傷の洗浄を行いますが、ご家庭でも傷口を水道水でよく洗ってください。

 

 保健室での処置で対応できるけがは、病院受診の必要ない程度の軽微なものに限ります。そのうえで湿潤療法を取り入れさせてもらっているのは、傷をきれいに治すための選択肢の一つだと考えているからです。保健室で対応できる傷は、どのような処置を行っても治癒にそれほど差はないとの考えもあります。ただ、従来の処置のみで対応することはご家庭にて湿潤療法を用いて対応したかったという考えを持たれている方がいたら、その選択の幅を狭めてしまうことになるかという想いがあり、湿潤療法を取り入れて処置をさせていただいています。その点を理解していただき、その後の経過観察および手当てはご家庭にて対応していただけたら、と思いますのでよろしくお願いします。



≪写真資料は、少年写真新聞社の小学保健ニュースより引用≫