日誌

日誌 >> 記事詳細

2018/01/26

文化庁事業 落語鑑賞

| by 穂積小
 文化庁の事業で、日本の伝統芸能を知るというねらいで、本校に落語家さんが来られました。桂 春蝶師匠 桂 紋史郎さん 三味線の勝さんに来ていただきました。
 いきなり落語かなと思っていたのですが、そうではなくてどのように落語ができたのかというお話から始まりました。出囃子に使う太鼓や三味線のお話や手ぬぐいや扇子がさまざまなものに小道具として使われるということを実際に仕草をして見せてくださいました。小咄に合わせて太鼓をたたかせてもらったり、盛りだくさんの内容で、後半は、紋史郎さんの落語のあとに春蝶さんの落語があり、終始笑いがいっぱいでした。日本の伝統芸能のほんものにふれるという貴重な体験ができました。ありがとうございました。
13:14