日誌

今日の給食
12345
2019/11/15new

ポークカレー

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、ポークカレー、
もやしの甘酢炒めです。

給食でとても人気のあるカレーは、手作りの
カレールウです。
小麦粉・バター・なたね油・カレー粉の他に
チャツネ(マンゴーやりんご、ももなどに酢、さとう、
香辛料を加えたもの)という調味料も入っています。
今日は豚肉を使ったカレーです。
11:05
2019/11/14new

あんかけうどん

| by 玉島小

今日の給食は、なめし、牛乳、あんかけうどん、
スタミナ炒め、みかんです。



広島菜は九州の高菜、信州の野沢菜とならぶ
三大漬菜のひとつで、広島県の特産物です。
11月~1月が旬の時期です。
大きさは50~60㎝くらいで重さは2~3kgの大きな
緑色の葉をつけます。
漬物にすることが多いですが、今日はなめしに
入っています。
11:23
2019/11/13new

きなこパン

| by 玉島小

今日の給食は、きなこパン、牛乳、ウインナーカクテル、
キャベツのスープ煮です。

今日は大人気のきなこパンです。
昨日から楽しみにしてくれていた人もいましたね。

きなこパンがどうやって作られているのか
紹介します。

①きなこと塩を釜で炒ります。

②砂糖と混ぜます。

③コッペパンを揚げます。

④コッペパンときなこを絡ませます。

⑤できあがり





12:02
2019/11/12

鶏とうずら卵のさっぱり煮

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、鶏とうずら卵のさっぱり煮、
きのこのすまし汁、のりのつくだにです。

今は、年中食べられるきのこですが、秋の味覚として
親しまれています。
日本では食用として約20種類くらいのきのこが栽培
されています。

ビタミンB群やミネラル、食物繊維がたくさん
含まれています。
また、風邪や病気などにかからないように
予防する効果があるといわれています。
10:41
2019/11/11

石狩鍋

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、石狩鍋、
小松菜の煮びたしです。


石狩鍋は北海道の代表的な郷土料理です。
江戸時代から石狩地方では鮭がたくさんとれていました。
大量のご褒美として、漁師さんたちがとれたての鮭を
鍋に入れて楽しんだことがはじまりといわれています。
寒さが厳しいこの地域では、酒や大根、にんじんなどの
野菜をみそ味で煮込んだこの石狩鍋で温まっているそうです。
また、本日11月11日は「鮭の日」とされています。
10:52
2019/11/08

おでん煮

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、おでん煮、
白菜のピリ辛炒めです。



白菜は鍋料理や漬物にかかせない野菜です。
水分が多くて歯ざわりもよく、くせがなくて
とても食べやすいです。
煮込むと甘みが出て、とろけるような
やわらかさになり、漬物にするとほどよい食感を
残したまま味がよくしみこみます。
今日は、白菜のピリ辛いために入れています。
白菜の食感はいかがですか?
10:47
2019/11/07

さわらのマリネ

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、さわらのマリネ、
野菜スープ、つぼ漬けです。

つぼ漬けは、きねでついた干し大根をつぼで塩漬けに
してから、しょうゆなどで味をつけた
南九州の伝統的な漬物です。
鹿児島県山川町(現 指宿市)付近で作られていたので
「山川漬け」ともいいます。
ぱりぱりした歯ごたえで、ごはんによく合いますね。
08:43
2019/11/06

クリームシチュー

| by 玉島小

地産地消という言葉を知っていますか?
地産地消とは、地元でとれた野食材を
地元で消費する(食べる)ということです。
新鮮で安心安全なものを食べられるだけでなく、
地元でとれる食材を知るきっかけにもなります。
今日の給食のクリームシチューに入っている
さつまいもは茨木市でとれたものです。


10:43
2019/11/05

こぶぴら

| by 玉島小

今日の給食は、麦ごはん、牛乳、こぶぴら、
大根のみそ汁です。



大根は、日本人にとって昔からなじみの深いやさいです。
生でも加熱しても、漬物でもおいしく、
いろいろなものに向いています。
今日はみそ汁に入っています。
秋から冬にかけて甘みが増す大根の味を楽しんでください。
12:13
2019/11/01

じゃがいもの煮物

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、じゃがいもの煮物、
かみかみもやしです。



じゃがいもの煮物の
じゃがいもは、植物の根、くき、葉のうち、どの部分を
食べているでしょうか。

①根
②くき
③葉
10:10
12345