日誌

今日の給食
12345
2020/11/24new

和食の日

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、魚のつけ焼き、小松菜の煮びたし、豆腐と大根のすまし汁です。

今日は、11月24日、11(いい)24(日本食)というごろ合わせから「和食の日」としています。
日本では、秋は実りの秋ともいわれ、お米や野菜、果物などたくさんの食べ物も収穫できます。

和食のよさや、自然の美しさについても考えてみましょう。

今日の給食の「すまし汁」や「煮びたし」のだしの味、魚や野菜のうまみをしっかり味わってみましょう。
08:52
2020/11/20new

米粉のハヤシシチュー

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、飲むヨーグルト、米粉のハヤシシチュー、ごぼうサラダ(卵抜きマヨネーズ)です。

「ハヤシライス」の名前の由来には、いろいろなものがあります。

①「ハッシュド・ビーフ・ライス」(薄切りした牛肉を煮込んだものにごはんを添えたもの)という名前がなまって「ハヤシライス」になった。

②レストランのシェフであった早矢仕(はやし)さんが考えた料理だから。

などです。給食の「ハヤシシチュー」は誰が考えたのかな?
10:25
2020/11/19new

ビビンバ

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、ビビンバ、韓国風野菜たっぷりみそ汁です。

「ビビンバ」は、韓国料理の1つで「ピビタ」(混ぜる)という意味と、「パッ」(ごはん)という意味をあわせたもので「混ぜご飯」という意味があります。

もともとは、残りご飯にナムル(具)・コチュジャン・ごま油などを混ぜて、ちょっと小腹がすいたときに食べる料理でした。
韓国では、スッカラクという長いスプーンのようなもので食べることもあります。
今日はおはしで上手に食べましょう。
10:02
2020/11/18

ブロッコリーのクリーム煮

| by 玉島小

今日の給食は、食パン、牛乳、ブロッコリーのクリーム煮、キャベツの甘酢炒めです。

ブロッコリーは、次のうち、どの部分を食べているでしょうか?
1.花
2.くき
3.つぼみ

正解は、3のつぼみです。
緑色のうちに収穫しないと黄色い花が咲いてきます。
10:50
2020/11/17

大根と豚肉とうずら卵の煮物

| by 玉島小

今日の給食は、栗いもご飯、牛乳、大根と豚肉とうずら卵の煮物、もやしのごま和えです。

くりは、秋が旬の食べ物で、「くりごはん」以外にも、「モンブラン」「マロングラッセ」などデザートとして食べることもあります。
日本で作られているくりの種類には、40種類以上のものがあります。
利平、丹沢、ぽろたん、柴栗、銀寄、筑波、この中で聞いたことがあるものはありましたか?
栗をみることがあったら、どの種類なのか調べてみましょう。
今日の給食では、「栗いもご飯」に入っています。秋の味覚を楽しみましょう。
08:26
2020/11/16

さかなのマリネ

| by 玉島小

今日の給食は、大きいコッペパン、牛乳、さかなのマリネ、チンゲン菜スープです。

「マリネ」とは、肉類・魚介類・野菜などの材料を、漬け汁に浸した料理のことです。
つけ汁につけることで、素材に味や香りがしみこみ、やわらかくなる効果があります。
給食の「魚のマリネ」は、魚を油で揚げた後、マリネソース(つけ汁)をからませています。
マリネソースには、さとう・酢・うすくちしょうゆだけでなく、野菜も一緒に食べられるように
玉ねぎ、にんじんも入っています。
味がしみこみ、やわらかくなった魚をおいしくいただきましょう。
09:00
2020/11/13

ガッツリ白菜ピリ辛炒め

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、ガッツリ白菜ピリ辛炒め、きのこのみそ汁です。

「きのこのみそ汁」には、えのきたけ、しめじ、なめこなどのきのこが
入っています。きのこ類は苦手な人も多いようですが、今が旬で食べ物です。また、「世界の健康食」とも言われています。
低カロリーで、満腹感がある、おなかをきれいにしてくれる、肌や髪の毛を健康に保つ、疲れた身体を回復してくれるなど身体にとってうれしいことがたくさんあります。
いつものみそ汁と比べて少しとろっとしているのは、なめこが入っているからです。
おいしく食べて、身体も温めましょう。
08:50
2020/11/12

揚げしゅうまい

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、揚げしゅうまい、ふかしいも、キャベツのスープ煮、ごましおです。



さつまいもがつくられたのは、アメリカですが、日本には、中国を通って伝わりました。
沖縄や九州地方では、中国(唐)から伝わったいもなので、「唐いも」と呼ばれていました。
その後、薩摩藩(九州地方)から関東に伝わり、「さつまいも」と呼ばれるようになりました。
さつまいもの収穫は、8月~12月ですが、取った後、2、3か月はおいておくことで、余計な水分が抜けておいしくなるので、旬は10月~1月ごろになります。
今日は、ふかいしいもで旬の味をいただきましょう。
ごま塩をすこしふりかけて食べてもいいですね。
09:13
2020/11/11

鶏肉のバジル焼き

| by 玉島小

今日の給食は、オリーブパン、牛乳、鶏肉のバジル焼き、イタリアンスープです。

バジルは、イタリア料理には欠かせないハーブのひとつです。
日本名では、メボウキといいます。イギリス名では、バジル、イタリア名ではバジリコといいます。
今日の給食の「鶏肉のバジル焼き」は鶏肉にバジルと塩・こしょうで下味をつけてから焼いています。
少し香りがしたかな?
「イタリアンスープ」とともに、イタリア気分を味わってみよう。
11:37
2020/11/10

じゃがいもとツナの煮物

| by 玉島小

今日の給食は、ごはん、牛乳、じゃがいもとツナの煮物、こんぶの炒め物です。

「ツナ」とは、魚でしょうか?肉でしょうか?
実は、かつおやまぐろといった魚を蒸した後、長く保存できるように缶につめて加工したものです。

まぐろの中でも、びんちょうまぐろ、きはだまぐろ、めばちまぐろなど、油の量や形によって、使う魚を変えています。

今日は油を使っていない、水煮を使っています。
魚が苦手な人も、ツナなら食べられるという人もいるかもしれませんね。
今日は、「じゃがいもとツナの煮物」でおいしくいただきましょう。
14:51
12345