学校感染症による出席停止について

 学校保健安全法により「学校において予防すべき感染症」として定められた病気があります。それらの病気にかかって学校を休む時は「出席停止」になり、欠席の扱いにはなりません。医師から学校感染症と診断された場合は、担任までご連絡ください。

出席停止の病気とその期間

 病名
        出席停止期間
 インフルエンザ 発症後5日かつ解熱後2日を経過するまで
 麻疹(はしか) 解熱後3日を経過するまで
 風疹(3日はしか) 発疹が消失するまで
 水痘(水ぼうそう) すべての発疹がかさぶたになるまで
 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 解熱後5日を経過し、かつ、全身状態が良好するまで
 流行性結膜炎(はやり目) 治癒するまで
 咽頭結膜炎(プール熱) 症状消失後2日を経過するまで
 溶連菌感染症 症状が消失するまで
その他の感染性疾患
伝染性紅斑(りんご病)・手足口病・とびひ・百日咳・ヘルパンギーナ・流行性嘔吐下痢症など